医療現場で活躍

あらゆる医療施設で普及してきたスクラブ

最近では日本でも病院や介護施設、エステクリニック等を中心にあらゆるシーンにおいて普及が進んでいます。以前は、手術用の緑や青のVネックのタイプが主流でしたが、看護士や医師が病棟内の勤務時にも日常使いをしている現場も目立ってきました。現在は手術着用のものよりもカラーバリエーションに富んでいて、花柄やライン入りといったタイプもあり、白に統一された医療着よりも病室を含む院内が華やいで明るい印象を与えます。医療用としてスクラブの最も注目されるメリットは、普通に洗濯機で洗い、干しておくだけで洗濯の手間が済んでしまう点です。防汚加工を施した綿素材やポリエステルをメインにした生地で作られている為、手入れも簡単な上に何時でも清潔な状態で医療用の衣服として着られます。医師は、前開きのデザインよりも、正面の作りがフラットなスクラブは、ドクター用のツール等がボタンに引っ掛ける心配もなくなるので安心です。

進化する医療用のユニフォーム

アメリカでは、コットンをミックスさせた手触りの良い素材、隠れポケットや両サイドのにスリットを入れた薄手の素材等、実用性をより充実させたものが人気で、日本でもネットショップを通して購入が可能です。また、しわになりにくいストレッチ性を高めた経年劣化の少ない、更に動きやすくなったスクラブも人気を集めています。特に介助が必要な介護士向けの撥水加工や防菌、防臭効果のある高機能素材に特化したもの、吸汗性が高く熱を発散しやすい素材で、ムレや暑苦しさからも開放される上に伸縮も進化し、トップアスリート選手用のT−シャツ素材と同等のレベルにまで精度を高めた最先端の技術によって開発されものもニーズが高く、医療用として増えています。ドクターコートとしてバスト周辺にゆとりを持たせつつウエストを絞ったイタリア仕立ての医療用高級スクラブもあります。とにかく透けたくない、吸水性も良くて制電抑止もばっちりという実務にも実力を発揮するプロ仕様限定のスクラブ、さらっとした着心地の良いタイプ等、様々な種類があり、オーダーも出来るのでチームユニフォームとしてより相応しいスクラブを通販サイトや医療向けのカタログで検討しましょう。